Craftsman

Craftsman

クラフトマン インタビュー

レイピカケのハワイアンジュエリーを作る、ハワイ・オアフ島在住のKenさん
28歳でハワイアンジュエリーの職人になり、30年以上経った今もそのキャリアを積み重ねている。
繊細なデザインができるまでのルーツとジュエリーに対する彼の想いを聞いてみよう。

leipikake:

Kenさんが職人になられたという30年以上前、当時ハワイにどのくらいの職人がいたのですか?

ken

5人から多くて10人ほどだったと思うよ。

leipikake:

今は何人くらいいるのですか?

ken

50人以上はいるかな?。
僕は過去10年、多くの人に技法を教えて来ました。自分の元から20人くらいが独立しています。僕は彼らを応援しているし、今でもサポートし、教えていることもある。彼らがいい仕事をしていると自分も誇りに思うよ。

leipikake:

なぜハワイアンジュエリーの職人になろうと思ったのですか?

ken

もともと絵を描くのが好きでね、その延長で、趣味としてハワイアンジュエリーのデザインを彫り出したのが始まりかな?
ハワイアンジュエリーに興味を持ち出したとき、いくつか工房に見学に行って、『いいな』と純粋に思った。それで、本格的にやってみようと決めたんだ。

leipikake:

師匠のような人はいたのですか?

ken

ハワイアンの友達に少しだけ教わったよ。彼はもう引退してしまったけどね。

leipikake:

Kenさんはデザインを彫るとき、下書きはしないのですか?

ken

基本的には、下書きはしないよ。
新しいデザインが浮かぶと最初は、書くけど、もう経験が長いから、書かなくても手が覚えてるんだよ。それに、下書きをすると仕上がりが生きてこなくなる。フィーリングが重要だと思うよ。下書きをなぞるより、自分のペースで彫った方がいい物が出来るんだ。

leipikake:

ハワイアンジュエリーのデザインには、スクロール、マイレ、プリンセス、ホヌ、バードオブパラダイスなど、様々な模様がありますが 最も好きなデザインは何ですか?

ken

一番好きなのは、プルメリア、あとは、スクロールとハワイアンフラワーかな。でも、ハイビスカスとプルメリアが一番ハワイアンジュエリーには、適してると思う。ジュエリーにするとハワイの花の揚々とした美しさがひきたつんだ。

leipikake:

このハワイでも「一流の職人」と言われているKenさんですが、数多くの職人がいるなかで「一流」と言われるのは、どのような条件からだと思いますか?

ken

僕の場合ロコ(ハワイの地元の人)からの評価がいつの間にか高まり、知らず知らずの間にみんなから評価を得るようになったんだと思う。評価してくれる人がいて、その環境があったからじゃないかな。

leipikake:

Kenさんが作る本物のハンドメイドのハワイアンジュエリーが持つ一番の魅力は何でしょうか?

ken

たとえば大量生産されるものは、総てが同じになってしまっている。雰囲気や味が感じられないんだ。
僕らの作るジュエリーは総て手作りだから、それぞれが「生きている」よね。ジュエリーひとつひとつに、息吹を与えてやるんだ。

leipikake:

作り上げていくとき、最も気をつかうことは、なんでしょうか?

ken

もちろん、仕上がりの美しさ。最終の形がこの先何十年も残るわけだからね。

leipikake:

では、レイピカケと出会ったお客様に何かメッセージをお願いします。

ken

これからも、ひとつひとつ、個性を持った仕上がりのジュエリーを作ります。
僕にとってハワイアンジュエリーは、、まるで自分の恋人のようなもの。みなさんと、気持ちを共有出来たらうれしいです。

craftsman

エピローグ
Kenさんは、とても仕事を愛している。
50人以上はいると言われているハワイアンジュエリー職人だが、実に彼の元から多くの職人が育っている。
彼らが独立して、ほかの工房を開いていることについても、応援する気持ちの方が強いのだ。
彼の作るハワイアンジュエリーには、なぜか他にはない「優しさ」がある。その優しさの理由は何なのか?
その答えを、ぜひあなたに見つけてほしい。 レイピカケのハワイアンジュエリーと過ごす、しあわせな毎日のなかで・・・。

craftsman
Ohana Interview
Online Shop
rakutenYahoo
Official Blog
Official Blog